2009年12月28日月曜日

サドル遍歴 2009

今年の最後にサドルを買っちゃいました。一体幾つサドル買ったんでしょう?

調べてみると、2008/12/15にArioneをwiggleに発注していますからこれは去年。ケルビムに装着して4月の終わりから走り始めたんですが、これが会陰部の圧迫でロングライドが苦痛。泣く泣く知人に譲り
・>w<・。

8/11にSela ItaliaのSLKを発注。これは坐骨が痛くてGive up。「見た目は尻に変えられぬ」ということで繋ぎとして慣らしの終わったBrooksのB17で走るも、やっぱり格好悪くて・・・
イヤイヤ"o(><;)o o(;><)o"イヤイヤ

ここは満を持してサイクルモードに出かけた訳です。気になったサドルは2つ。

ひとつはBrooksのレーシングサドル。格好好いけど価格は高いし、とっても硬い。高いのはサドル遍歴をいつまでも続けるよりも安いかも。硬いのはいつかは馴染むことは判ってるんだけど、あの苦しみにまた耐える決心がつかない。

悩む~(*>_<;)


もひとつの候補は、Fizikのspine conceptに基づいた身体の固さがカメレオンとブルの中間の私が、サイクルモードで試乗して好かったAliante。Brooksのように官能に訴える魅力はないものの手堅い選択のような気がします。

悩む~(*>_<;)



悩みながらwiggleを見ていて、両方をバスケットに入れて見比べていたら、
∑(*゚д゚*)ハッ!!

ポチッとしちゃいました |||||/( ̄ロ ̄;)\||||||| まじ~~?
wiggleって、一瞬にして発送係に情報がいって取り消しが効かないんですよね。そんな訳で(長い前置きはここまで)
届いちゃいました(>_<)。

決して故意ではありません。不可抗力です。(*゜▽゜)*。_。)*゜▽゜)*。_。)ウンウン

どうせBrooksのサドルでロングライドできるまでには1年くらいかかるし、Fizikはそれまでのつなぎに使って、その後はボロになってきたジテツウのルイガノのサドルと交換すれば無駄にはならないし・・・( ̄。 ̄;)ブツブツブツブツ

と自分を韜晦して両方使うことにしました。ヽ(゚▽゚*)乂(*゚▽゚)ノ

因みにSwallowの重さは340g、Alianteは270gでした。決して軽量の部類ではありません。Swallowの表面はツルツル滑ってこの点でも慣れが必要そう。Fizikは適度な粗さの素地で、滑りとホールドのバランスを考えていることが感じられます。

早速、BrooksのSwallowとB17Sを比較します。

実用車とロードレーサーの差って感じがありあり。革の厚さを測るとB17Sの4.7mmに対してSwallowは7.6mm!これは慣らしに手こずりそうです。

Swallowが欲しかった理由の一つは

これがやりたかった。このBrooksのサドルバックと適当なフロントバックで泊りがけのツーリングを可能にしたい。とりあえずイメージは1~2泊で伊豆半島一周です。でも当分は日々の通勤に使ってサドルの慣らしですね。


Fizikの方はこんな感じ。
サドル面が独特の曲線ですね。ほんの一寸走った所では、適度な硬さで快適な予感。でもArioneも短時間は快適だったよな~と・・・油断はできません。とりあえず100km走ってみます。

12 件のコメント:

まさやん さんのコメント...

はじめまして。まさやんともうします。
ケルビムユーザーとして(私はULI)見事に同じ悩み(痛み、ポジション)を抱えている方を発見しうれしく(?)読ませてもらってます。
私はルイガノ(LGS-CTR)からの乗り換えでポジションで悩んでおりますわ。サドル…決まりませんよねえ。SMPコンポジットなんかも試しましたが、長距離がねえ…。お互い頑張って調整しましょう。

キッチョム さんのコメント...

まさやんさん

イラッシャイませ、初めまして。

>見事に同じ悩み(痛み、ポジション)を抱えている方を発見

そうですか。お仲間がいるとは心強い、と言うべきでしょうね?(笑)

>SMPコンポジットなんかも試しましたが、長距離がねえ…

そうなんですか。SMPコンポジットも好い選択肢だと思っていたのですが、難しいものですね。

>お互い頑張って調整しましょう。

はい、頑張りましょう。今回の2つのサドルは期待大です。AlianteはFizikのお奨めだし、Swallowはいつかは馴染む筈だし。またレポートします。

お互い早く快適にロングライドができるようになると好いですね。

a-rou さんのコメント...

これがBrooksのサドルバックなんですね。
+フロントバックで荷物の積載量も十分になるみたいですね。宿泊ありのツーリングの構想も着々と進んでいるようですね。泊しながらのツーリング、うちも少し考えないと・・・
Alianteのレポも楽しみにしています。


今年もお誘いなどしていただき、ありがとうございました。来年もよろしくお願いします

キッチョム さんのコメント...

a-rouさん

>宿泊ありのツーリングの構想も着々と進んでいるようですね。

ケルビムをランドナーとしても使うことをイメージしてます。フロントがカーボンフォークだとフロントキャリアが着かないかもしれないので、Frettaで使っているリクセンカウルの「オールラウンダーミニ」をそのまま使うか、ミニでない「オールラウンダー」といったハンドルだけで支えるタイプになります。

そうするとフロントバックの耐荷重が小さいので、サドルバックが必要という結論です。

それでも荷物を積みきれない場合にはダボを使ってリアキャリアを着けることになるんですが、キャンプをする積りはないので、そこまで必要かどうか?

イジイジ考えてないで走ってみろって話ですが、このイロイロ調べてイジイジ考えてる時間がまた楽しい(*^-゜)v


来年は一泊ツーリングとかも行きたいですね。

また遊んでください。

y-moto さんのコメント...

やはりスワローは硬いのですね。
B17は3回くらい乗ったら馴染みました。
銅鋲のチームプロも硬いです。見た目で選んでしまいましたが(笑)
スポーツタイプは硬いみたいですね。

やはりサドルは幾つも買ってしまうのですね。
自分もサドル1個壊れて3個買いましたんで。。。

本年一年お世話になりました。
また来年よろしくお願いします。

Shein さんのコメント...

サドル、悩みますねぇ…
俺も現在tikit用のサドルを探しています。
ロールスは周りの評判は良いんですけれど、俺のケツには合わないようです~
同じ距離ならまだBromptonに付けている慣らしも終わっていないBrooksの方がいいです。
多分坐骨が広いんでしょうね。

サドル探しの旅は、当面先が見えませんね…

nobuo さんのコメント...

おーっ!brooksのサドルバッグとswallow!
サイクルモードで見たヤツですね!
いいなぁ…カッコイイッス!オイラも
ホスィっす!⇒でも金欠で(当分)無理っス!Orz
しばらく物欲は封印っス(泣!)
昨年のfrettaでの箱根をきっかけに
おかげ様で、ずいぶんと自転車にのめり込んでしまいついにロードに行っちゃいました(笑)
いろいろとご指導&物欲の煽りアザッス!
また来年もよろしくお願いしま~す!
では、良いお年を!

キッチョム さんのコメント...

y-motoさん

>やはりスワローは硬いのですね。

触った感触ではそう思ったのですが、サドルと一緒に入っていたBrooksの広報誌には、Racing Saddleとしては、一番柔らかいと書いてあります。硬さの順番としては、
① Team Proffessional & B17Narrow
② Swift
③ B15 Swallow
となっています。検証はこれからですが。

>銅鋲のチームプロも硬いです。

一番硬いということですね。でもあの銅の輝きには代えられませんね。

今年も沢山遊んで貰って有難うございました。来年もよろしく御願いします。

キッチョム さんのコメント...

Sheinさん

>俺も現在tikit用のサドルを探しています。

tikit好いですね~。知的で洗練された雰囲気がありますね。それに合って、しかも自分のお尻に合うサドル探しは大変だと思います。いっぱい楽しんでください。


ところでブログにリンクさせて貰いました。御了承下さい。

キッチョム さんのコメント...

nobuoさん

>ずいぶんと自転車にのめり込んでしまいついにロードに行っちゃいました(笑)

お互いにそうでしたね。でも、のめり込めることが有る事は良いことだと思います。これからも一杯楽しみましょう。

来年もよろしくです!

Shein さんのコメント...

明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

リンクの件了解しました&ありがとうございますヽ(´▽`)/
ウチからも張らせていただきました~(^^)ノ

キッチョム さんのコメント...

Sheinさん

明けましておめでとうございます。
こちらこそ今年もよろしく御願いします。